遠方に引越し時の注意点|手続きをきちんとしよう

男性

運搬が難しい家電製品

冷蔵庫

事前の準備が大切

引越しのとき最も運搬に苦労する家具・家電のひとつは冷蔵庫でしょう。とにかく重量があって、ひとりで持ち運ぶのが難しいだけでなく、意外にデリケートなところのある電気製品なので、慎重に取り扱う必要があります。冷蔵庫の引越しは計画的に準備しなければなりません。中に入っている食品は、引越し当日までに全部使い切ってしまうのが基本です。もし残った食品があれば、クーラーボックスで運ぶことも可能ですが、手間や費用を考えると得策とは言えません。冷蔵庫の電源は引越しの前日までに停止し、製氷皿などに溜まった水はすべて抜いておきます。直冷式の冷蔵庫であれば、霜取りをする必要もあります。庫内の水をきれいに拭き取ったら、付属品は取り外し、扉が開かないようガムテープなどで固定しておきます。冷蔵庫を運搬する際には、通れない場所がないか、あらかじめ搬出経路と搬入経路を確認しておきます。場合によっては通路に養生をすることもあります。冷蔵庫は横倒しにして運ぶと、中の冷媒がパイプに詰まり、思わぬ故障の原因になるため、できるだけ立てたまま運ぶことが大切です。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象なので、廃棄処分するにもお金がかかります。しかし旧型の冷蔵庫であれば、引越しを機会に買い替えた方が、電気代の点でもお得になるかもしれません。新しい冷蔵庫を引越しさせるときは、上記のように面倒な手間が多いので、できるだけ専門の引越し業者に任せたほうが安全です。