遠方に引越し時の注意点|手続きをきちんとしよう

男性

不用品やゴミの処分

玩具のトラック

様々な処分方法

引越し準備では、新居に持って行く荷物をまとめる際に、多くの不用品やゴミが出てきます。これらは基本的に、引越し当日までに処分しておく必要があるのですが、処分方法は複数あります。まずは、日々の生活で出てくる生ゴミなどと同じように、地域のゴミ捨て場に捨てるという方法です。もちろん、可燃ゴミと不燃ゴミといった具合で分別してから、決められている曜日に捨てることが必要です。また引越しでは、家具などの粗大ゴミが出てくることもあります。粗大ゴミは、地域の収集センターに連絡すれば、有料となりますが、自宅付近の指定場所まで回収に来てもらえます。料金は、出す粗大ゴミの種類にもよるのですが、1点あたり数百円ということが一般的です。そして、その収集センターが指定している集積場所に、自身で持ち込むという方法もあります。この場合は、回収サービスを利用しないわけですから、料金の支払いは原則として必要ありません。ただし冷蔵庫やエアコンなど、リサイクル家電に指定されている家電製品を処分する場合は、リサイクル料金の支払いが必要となります。また、昨今では不用品回収業者に依頼するという人も増えてきています。不用品回収業者には、電話などで申し込みをすることで、トラックで自宅前まで来てもらうことができます。そしてそのトラックの荷台に、資源ゴミや粗大ゴミやリサイクル家電など、あらゆる不用品を積むことができるのです。分別の手間がかからないため、様々な種類のゴミが出てくる引越しでは、非常に便利なサービスと言えます。料金は、利用するトラック1台あたり1〜2万円となっていることが多く、わかりやすいことからも注目されています。